インドに行きたくない。1

 友人の卒業旅行に付き添う約束はしていたのだが、よもやインドに行くとは思っていなかった。二人の間ではだいぶ前から話をしていたことだったが、どうやら現実味を帯び始めたのでここで経過報告していこうと思う。

 インドに行く理由は主に一つ。彼は彼なりに、「ガンジスで輪廻を感じる」だの、「宗教の強く根差した土地で寺社仏閣を巡りたい」だの、いかにも高尚であるかのように建前を語るのだが、その実、極上のトリップ体験を求めての渡航であることに他ならない。ただ、変に真面目なところがあるので、この建前が次第に本気になりつつあるところがまた彼らしく狂気を孕んでいる。どこまで本当かはしらないが最近は瞑想も始めたという話だ。

 同伴することが決まっているかのように話を進められている俺はどうかというと、インドに行きたくない。行きたくない理由は山ほどある上に、メリットになりそうなものが「話のタネになる」の一点しかない。これを言うと決まって「そんなんじゃいけないなぁ。」とぼやきはじめて、しまいには「それでは写真を撮ってシェアするために生きている低俗な人間と同じだよ。」と揶揄される。親にさせて頂いた短期留学の経験が寸分たがわず話のタネにしかなっていないことを考えればその批評は甘んじて受けましょうという情けない有様なのだが。

 行きたくない理由のその一、まず俺は、胃腸が極端に弱い。この日本ですら一年の内、腹を下してない万全の日など指で数えられる程度しかなく、実名を文字って「腹下しのグロエッティ」と自嘲する程度にクスリ(正露丸)漬けな毎日で、まして、インドなど考えるだけで腹の調子が悪くなる。慣れない食事が体調に影響することは二度の短期留学で散々味わったし、殊に、俺はスパイスに弱い。胡椒程度で胃腸が正常に機能しなくなり、カレーは日本風の甘口しか食べられない。中辛以上のものを食べると自然に壊れるように出来上がっている。キン肉マンとコラボしているココイチの前を何度涙を流して素通りしたことか。スパイスに関してはその匂いも駄目で、嗅ぐと腹を下す。スパイスではないが、匂いで言えば、アロマの類、ひいては、香水なんかも駄目で、刺激物にとにかく弱い。スパイスとアロマの楽園インド、旅好きの人間たちがおおよそ好んでやまないであろうその「エキゾチックな風」はもはや、吹き荒ぶやけつく息。要は俺にとってインドは地獄と同義と言っても過言ではない。単純に、元来胃腸の弱い人間には「インドで腹を下す」という文面に生命の危機以外の何も感じられない。俺は恐怖している。