網戸を開けて窓際から乗り出すと、生ぬるい風が頬をなでた。しかし、生ぬるいとはいえ風があるだけ部屋の中よりは幾分か涼しいという錯覚があり、この場所で本を読んだりするのが好きだった。 すっかり日に焼けて色あせてしまった健康サンダルに足を通すと、…

3

ずっとなくしたとばかり思っていた携帯音楽プレイヤーがでてきた。せっかくなので充電して電源をいれてみると、当時好きだった、今はちょっとだけ古い曲が最新の顔をして上のほうに並んでいる。しかし、あまりにも最新然としているので、私がタイムスリップ…

男というのは、総じて、チャッカマンが好きだ(主語がでかい)。 子供のころにいやいや墓参りに連れていかれた経験は誰しもあると思うが、線香に点火する瞬間だけは異様に盛り上がる。やっぱり、やりたくてしょうがなかった。火の取り扱いというと、大人も多…

インドに行きたくない。1

友人の卒業旅行に付き添う約束はしていたのだが、よもやインドに行くとは思っていなかった。二人の間ではだいぶ前から話をしていたことだったが、どうやら現実味を帯び始めたのでここで経過報告していこうと思う。 インドに行く理由は主に一つ。彼は彼なりに…

2

じめじめとした暑さで寝苦しさのあまり目を覚ます。窓の外を見ると、お天道様は真上に上っているような感じで、夏らしい青空が広がっている。 「天高く馬――」 とまで言いかけ、これは秋の言葉だったと思い出し、夏の表現を探したが、寝ぼけた頭にそんな言葉…

日付が変わって七月一日、二千十七年も半分が終了した。これは同僚のSさんが教えてくれた。「今年も半分終わったね。ところで、最近学校は行っているのかい?」手痛い質問に僕が苦笑いをするとSさんが笑いながら右肩を強めに小突いた。それが昨日の夕方。六…

数日前、部屋でよろめいた拍子に扇風機に激突し、破壊するといういたましい事故が発生した。破壊などという物騒で攻撃的な言葉を使ったが、その実、大したことはなく、一般に普及しているタイプの扇風機に見られる放射状に張られたガード構造の前後を固定す…

「ハクソー・リッジ」という映画を見た。 メル・ギブソンが監督で、太平洋戦争中の沖縄戦線で激戦区だったと記録されているハクソー(hacksaw)と呼ばれた崖の上を舞台に、信条を掲げて武器を持たない衛生兵の主人公が多くの米兵を救ったという実話を元に制…

1

これが最後になると確信していたセックスが終わると、私は煙草を燻らせながら別れ話を切り出していた。好んで吸っているものと違うパッケージが私を苛つかせる。定番の問答を一通り済ませたところで、思い出したように詰め寄った。 「それはそうと、いつも九…